お気軽にお問合せください

Menu

モチベーションの向上と接遇の関係

飲食店などでよく用いられている言葉に接客サービスがあります。接客はお客様との接し方を意味しますが、接客より一歩踏み込んだサービスを接遇といいます。接遇には「もてなす」という意味があり、お客様のみならず、職場の雰囲気やスタッフ間のモチベーションを高める効果も期待できます。

[ 好印象の決め手は笑顔 ]

接遇研修で最初に行うことは笑顔になることです。自分や周囲の方のモチベーションを高めるためには笑顔になり、それを増やす努力が欠かせません。人間の持つ表情や姿勢は周囲に伝染しやすい性質を持っています。

例えば笑顔が多く、活気にあふれている職場には多くの人が集まってきます。
そのため、飲食店や新入社員向けの研修では、笑顔の指導に多くの時間を割きます。

[ 居心地の良い空間作り ]

業務品質の向上や清潔な環境を整えるだけでは、居心地の良い空間とはいえません。
なぜなら、お客様が居心地の良さを感じる要因は「人」にあるからです。声がけや挨拶などのコミュニケーション、接客サービスやマナーなどの快適さを提供するのも「人」です。

居心地の良い空間作りとして接遇研修を利用すると、相手に興味を持って共感する力が磨かれます。人間関係が円滑な職場環境や、コミュニケーションに前向きな姿勢ができると、相手目線マナーを実践することに繋がります。

[ 相手目線マナーが重要 ]

インターマナーが提唱する相手目線マナーは、すべてのお客様に同じマニュアル対応するのではなく、相手の目線に立って行うものです。

お客様の話をよく聞いて本当に求めているものを感じ、お客様の期待値を超えたサービスを提供する。そのためには熱意や気持ちである「心」、ニーズを先読みして的確に応える「技」、効率よく動いて目前の仕事に集中する「体」の充実が欠かせません。

相手目線マナーは職場やプライベートのコミュニケーションにも応用できます。モチベーションを高めるインターマナーの接遇研修を、ぜひご活用ください。

モチベーションを高めると働く人や利用する人に良い影響を与え、売り上げUPにも大きく貢献します。大阪にあるインターマナーでは、「業種」「業務内容」「目的」にあった研修をご用意しています。飲食店向けの接遇研修や、新入社員向けのビジネスマナー研修などもお任せください。

会うと元気になれる講師が、企業様から個人商店様まで幅広く対応致します。研修内容や費用のご相談なども、お気軽にお問い合わせください。