お気軽にお問合せください

Menu

店長に求められるスキル

お店を切り盛りしていく店長(マネージャー)には、様々なスキルが求められます。そのスキルを学び身につけるには店長研修(マネージャー研修)を受講するのが一番です。こちらでは、店長に求められるスキルをいくつかご紹介します。

[ マーケティングスキル ]

マーケティングとは販売のことで、お客様に価値を提供してお金を頂くという意味です。お店は店長ひとりの力で運営することはできませんが、店長ひとりの力で繁盛にもなるし、営業不振になることもあります。

お店を任された店長なら、自らの力で繁盛するように働きかけなければなりません。
そして、それを一年間通して安定した繁盛店に運営することが店長の任務でもあります。

[  マネジメントスキル ]

マネジメントはモノやヒトを管理することです。中でも最も難しいのがヒト(人財)の管理です。後輩や部下の指導の仕方で、ヒトが発揮する能力は大きく変わり、引いてはお店の質が大きく変わります。

店長の仕事は、お店を運営する従業員が行う仕事の分担を指揮し、チームワークを醸成し、人財を育てていくことです。つまり、従業員の力を最大限に活かして、お客様に喜んで頂くことがマネジメントにおける店長の役目です。マネジメント研修を行うことで、全スタッフが幸せに働き、リピーター様が増えることを目指します。

[ クレーム対応スキル ]

店長に求められるスキルには、クレーム対応力もあります。もしクレームが発生した場合は主に3つのステップで誠意を持って対応に当たります。

クレームが起こる原因は、こちらの提供したモノやサービスが、お客さまの期待以下(または期待を裏切った)場合です。クレームの対応をする際に最も気をつけることは「心情の問題」と「現実の問題」を分けて考えることです。多くの方はクレームを受けたらすぐに解決策を提案してしまい、お客様の心を置き去りにしてしまうのです。

そうならないためにやるべき事の1つ目は、「心情の問題の解決」です。お客様のお話を傾聴し、残念な(お怒りの)気持ちに寄り添い、心情に対してのみ謝罪することです。
2つ目は「現実の問題の把握」です。お客様が何にお困りかを正確に把握し、お店側に非がある場合は全面的に謝罪します。
そして3つ目にようやく「解決策の提案」をします。その際は、お客様に納得して頂けるように、しっかりと話し合い、お店側に非があれば責任を取る必要があります。

「クレーマーは最大のカスタマー」といわれるように、クレームというのは、お店の改善点を指摘しています。しっかりとクレームと向き合いお店に活かしていくことが店長には求められます。

店長に求められるスキルというのは、他にもたくさんあります。全スタッフが考えて動き、幸せに働くために、店長研修(マネージャー研修)を受講されてはいかがでしょうか。

大阪府にありますインターマナーでは、店長(マネージャー)に必要なスキルを店長研修(マネージャー研修)で学ぶことができます。他にも、接遇研修など様々な人財育成のための研修や、講師を招いての講演会も企画しております。

全国各地での研修会や講演会に対応しており、費用や料金のご相談も受け付けております。研修会や講演会をお考えなら、インターマナーをご利用ください。