お気軽にお問合せください

Menu

接客する際に気をつけるポイント

接客する際には、気をつけるポイントがたくさんあります。接客マナー研修では、そのポイントひとつひとつを丁寧に伝え、接客のプロを育てる内容となっています。まずは、接客のポイントを知っておきましょう。

[ 笑顔を徹底する ]

笑顔には人を惹きつけて、幸せにする不思議な魅力があります。例えば、笑顔で接客を行うとお客様に好印象を与えることができます。そうすることでお客様に企業の良さが伝わり、様々なお客様から好かれる企業になります。するとお客様もその企業で働く社員も、周りの全ての人々が幸せになります。

「笑う門には福来たる」という言葉があるように、笑顔を意識することで自分自身も周りの人も幸せになります。笑顔は全ての人の人生において、幸せに生きていくために大切なことなのです。接客の際にもお客様に好印象を与え、周りの人を幸せにする笑顔を徹底しましょう。

[ お辞儀は心を籠める ]

お辞儀は元々、人間の急所である頭を差し出し「私はあなたの敵ではないです」という意味合いが籠められており、相手に敬意を払うための行為です。

おはようございます、ありがとうございますといった挨拶と一緒にお辞儀をすることは、「あなたと親しくなりたいです」や「あなたのことを大事に思っています」という意味になります。

接客の際にはお客様に、「私たちのお店を選んでくれたお客様を大事にします」という感謝の心を籠めて、いらっしゃいませ、ありがとうございました、と挨拶をして丁寧にお辞儀をしましょう。

[ お客様への気遣い ]

お客様への気遣いは観察(=目配り)から始まります。例えば、飲食店で食事をしながら会話を楽しんでいるお客様のお皿が空いたらそのお皿を下げたり、お冷がなくなれば淹れて差し上げるなど、観察(=目配り)をした後、指示される前に行動することが気遣いです。そういった気遣いが、お客様を「また利用したい」という気持ちにさせ、リピーターが増えてお店や企業の利益につながるのです。お客様を大切に思い気遣うことが、接客やビジネスの重要なポイントなのです。

インターマナーでは、接客マナー研修で笑顔、お辞儀、気遣いをひとつひとつ丁寧に指導致します。他にも、接遇研修やコミュニケーション研修といった様々な研修を全国各地で行っております。研修内容のご相談やご質問、マナー研修のお申し込みは、随時ホームページのお問い合わせフォームより受け付けておりますので、ぜひご利用ください。