お気軽にお問合せください

Menu

おもてなしの心に繋がる接遇研修

接客よりもワンランク上のサービスが、お客様をおもてなしする接遇です。接遇研修でおもてなしの心を育むことが、お店の売り上げアップに繋がります。

[ 接遇とは ]

接遇とは人と接し、その人をおもてなしするという意味です。このおもてなしというのは、人を思いやる気持ちを持って対応することです。

接客は、「お客様と接する」という意味で、接するだけでそこに人を思いやる気持ちである「おもてなし」が入っていません。このことを意識して、「接客」ではなくお客様をおもてなしするための「接遇」を実践していくことが大切です。

[ おもてなしの心が持つ重要性 ]

おもてなしの心は非常に重要な役割を持ちます。サービスというのはお客様が想定している当たり前のことで、おもてなしはお客様が想定している以上のサービスのことです。
つまり、お客様の期待を超える気遣いこそがおもてなしで、それを行うという心が重要なのです。

例えば、飲食店へ仕事帰りに寄った際、お冷とお絞りを持ってきた店員さんから「お仕事お疲れ様です」というマニュアルにない一言をもらうと、なんだか嬉しい気持ちになりませんか?その気遣いが、サービスからおもてなしへと変わる瞬間なのです。

[ おもてなしの心を育む方法 ]

ワンランク上のおもてなしの心を育てる時に役立てて頂きたいのが、接遇研修です。
新入社員研修の他にも、6ヶ月~1年毎に定期的に接遇研修を行うことをおすすめしています。

新入社員というスタート地点の接遇研修でおもてなしの心を学んだ後、日々自分で考えて行動し、6ヶ月後にフィードバックを受けて心を育む。そうすれば毎日の業務のなかで自然とワンランク上のおもてなしができるようになります。

大阪府にありますインターマナーでは接遇研修をはじめ、様々な企業研修を行っております。接遇研修では、お客様には笑顔で挨拶を行うなど、基本的なことからしっかりと研修を行います。おもてなしの心は必ず相手に伝わり、顧客満足度へと繋がります。そして、顧客満足度はリピーターの獲得に繋がります。

インターマナーは相手目線に立った接待マナーを通し、企業様の発展に貢献してまいります。全国各地で企業研修を行っておりますので、企業研修の内容や費用のご相談や企業研修のお申し込みは、ホームページにありますお問い合わせフォームから、お気軽にお申し込みやお問い合わせください。