お気軽にお問合せください

Menu

営業職のためのビジネスマナー

企業研修で学ぶ営業のための接遇ホスピタリティといったビジネスマナーや、相手の心を動かすコミュニケーション術は、自社とお客様である取引先とを結ぶ架け橋となり、信頼関係を築く礎となります。そのため、営業職の方はしっかりと身につけましょう。

[ マナーを知れば愛される ]

マナーを正しく知るメリットは、スマートな行動で自分の評価を高めることができる、取引先の方に不快な思いをさせない、自信を持って行動できるなどがあります。しかし、マナーを正しく知る最大のメリットは、周囲の人から愛されることです。

自分から大きな声で挨拶をする、取引先では笑顔を心掛ける、報告・連絡・相談を最良のタイミングで行うなど、ビジネスマナーをしっかりと学び身につけて実践していくことで周囲の方たちから愛され、育ててもらえるビジネスパーソンとなります。

[ 印象的な伝え方 ]

営業職の方の商談や朝礼でのスピーチ、業務の説明会などで、プレゼンテーションを行う場合には重要なことがいくつかあります。
言語を使ったコミュニケーションでは、結論から話す、説明ではなく質問をする、相手目線で話すなどが重要です。

また、非言語のコミュニケーションでは、笑顔、身だしなみ、姿勢など第一印象をよくすること、相手の右脳に響くよう適切なスピードで話すことなどが挙げられます。
短くて印象に残るプレゼンテーションができれば営業成績は必ず伸ばせます。

[ 相手をイラッとさせない ]

社内外を問わず、ビジネスパーソンは相手をイラッとさせないことが重要です。気遣いを怠ったり、ビジネスマナーを知らずにマナー違反を犯すと、取引先やお客様、上司、先輩を例外なくイライラさせてしまいます。特に営業職の場合は、取引先やお客様と良い関係を築きたいのに本題であるビジネスとは全く関係ないことが原因で、関係が崩れることになりかねません。

つまり、相手をイラッとさせてしまうことが、最大のマナー違反なのです。自分がマナー違反を犯す前に、気遣いをする方法を知り、正しい知識を身につけましょう。

インターマナーのビジネスマナー研修では、まずは「イラッとさせない」を達成し、次に「愛される」、最終的には「信頼される」ことを目指していきます。

企業研修で営業職の為のビジネスマナーを学び、相手をイラッとさせることなく愛されてこそ、取引先との信頼関係が生まれます。大阪府にありますインターマナーでは、全国各地で企業研修や様々なマナー講習を行っております。企業研修の費用や内容などのご相談は、ホームページにありますお問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください。