お気軽にお問合せください

Menu

ビジネスマナー研修で得られること

新入社員をはじめ、企業で働く全ての人にとって様々な知識や経験を身につけることはとても大切です。その中でもビジネスマナーはその基礎となる部分。こちらで、ビジネスマナー研修で得られることについてご紹介します。

[ 社会人としてのマナーや礼儀が身につく ]

仕事では、上司・同僚・クライアントや得意先など様々な方に出会います。仕事で関わる全ての方に不快な思いをさせないことが社会人として最低限のルール。そのためには、あいさつ・言葉遣い・気配りをはじめ、マナーや礼儀作法を身につけることが不可欠です。

また、企業内にマナーの悪い人がいる場合、個人の評価が低下するだけでなく企業の評価を下げてしまうこともあります。
そのような状況を防ぐためにも、新入社員のうちにプロの講師によるビジネスマナー研修を受けて、社会人としてのマナーや礼儀を体に染み込ませることが重要です。単に知識を得るだけではなく、体に染み込むかどうかがポイントです。

[ 自己アピールが上手くなる ]

仕事を行う上で大切なことは数多くありますが、特に自己アピールすることはとても重要です。一般的に自己アピールが上手くなる方法として、自分のことをよく知る・自分に自信を持つ・時間を決めてスピーチするなど、様々な方法があります。

主張しすぎることなく上手に自分をアピールできることが理想。自己開示を行うことで周囲とのコミュニケーションも円滑になります。このように、自分を上手にアピールして相手に好感を与えられると仕事が行いやすくなります。
これらは、取引や商談を上手くまとめるポイントにもなり、売上向上に繋げられることもあります。

自己アピールが少々得意ではない方は、ビジネスマナー研修を上手く活用することもひとつの手段です。

[ コミュニケーション能力が高まる ]

仕事で良好な人間関係を築くためには、周囲の人と積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。仕事で関わる方との円滑なコミュニケーションは多くのメリットに繋がります。

円滑なコミュニケーションを図るためには、笑顔・あいさつ・相手に対する思いやりの心・優しさ・ポイントを押さえた話し方の他に自分を肯定する、他者を肯定するなど、様々なことが必要です。ビジネスマナー研修は、コミュニケーション能力を高め、個々が幸せに働ける職場を作るチャンスだと言えます。

企業の人材育成の一環としてビジネスマナー研修の実施をお考えなら、インターマナーをご利用ください。新入社員や若手社員を対象にしたビジネスマナー・営業・接遇クレーム対応電話対応の基本・リーダーシップなど、売上向上のための相手目線マナーをご提案致します。

研修内容・日程・費用などについてのご相談は、メールにて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。